2019.07.19

益城町H様邸

吹き抜けリビングとガレージのある家

熊本地震で被災し、人生2度目の家づくり。
耐震性とデザインを兼ね備えた一棟が完成した。

すべての間取りに余裕を持たせ、
のびのびと住まうことができる空間。

昨年末、ご長男の高校受験前に完成。「落ち着いて試験に臨めたので本当に良かったです」と語るH邸の奥さまは、ご主人と3人のお子さまがいる5人家族。熊本地震で益城町の自宅が全壊。「子どもたちのためにもう一度建てよう」と決意し、今回がご夫婦で2度目の家づくりとなった。家づくりは、地元でも評判の沢工匠に依頼。耐震に強いといわれる「2×4工法」を採用、建坪54坪というゆとりのある住空間に仕上がった。
玄関左手には、ヘリンボーン組の木製の壁。温かみのある色合いが家族を包み込んで迎えてくれる。中に入って目を引くのは、縦と横に広がりのある大きな吹き抜けリビング。白と黒を基調にしたその空間は、リビングとキッチンを合わせて30畳ほどの広さ。窓の外にはウッドデッキ、また続きになっている和室の扉を開けると、さらに大開放の空間に。耐震面を考えた柱と梁が安心感を与えている。リビングの壁全面が沢工匠の得意とする漆喰仕上げである点も注目だ。天然100%の素材を手作りした漆喰は、左官技術の高さで同社の強みの一つとなっている。「外出から帰ってきたときに部屋がひんやり冷たいという感じがしないし、ストーブだけでリビングが暖まるのは漆喰の効果も大きいかも」。これから迎える蒸し暑い熊本の夏にも、その調湿機能に優れた力を発揮しそうだ。

 

4362 4396 4425 4444 4458 4502 4517 4536 4556 4590 4610 4689